ダイエットの停滞期に見直したい食事内容3つ!

プライベートジムコラム

ダイエットをしていて、辛いことのひとつが停滞期ですね。
やっと痩せたと思ったのに!とやけになって、せっかく継続してきたことを辞めてしまい、リバウンドしてしまった・・・なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんな方に知っていてほしい情報をお伝えしていきます!

なぜ、停滞期が起こるのか!?
停滞期時に行うべき運動の記事にも記載させて頂きましたが、停滞期が起こるのには、明確な理由があります。

今回初めて聞く、という方の為に改めて説明をすると、それは、「ホメオスタシス」という機能が働く為です。
人間の身体は変化を嫌います。それは、例え自分自身が良い変化(体重を減らすことでスタイルの良い体に近づいている等)だと思っていても、身体は危機を感じ、元の身体に戻そうとします。
つまり、急激に体重を落とすことで元の体重に戻そうという機能が働きます。
そこで起きるのが「停滞期」です。

もうお気づきだと思いますが、停滞期が起こるのは身体の仕組みから考えると当然のことです。
ここでポイントがあります。
それは、「急激」に体重を落とさないことです。
基準としては、1か月に体重の5%以上を落とさないこと。
体重50キロの方を例としてあげてみましょう。
体重が50キロの場合、5%は2.5キロ。
ということは、1か月に2.5キロ以上落とす計画は、停滞期に陥りやすくなる、ということです。
どのような計画で体重を落としていくか、ということもスムーズに体重を落とす上で重要なポイントと言えるでしょう。

それでも起きてしまうのが停滞期です。
身体の仕組みを前提に、停滞期に見直すべき食事方法をご紹介をします。

停滞期が起きた時に見直すべきこと3つ!

停滞期が起きた時に見直すべきこと3つ!
まず、停滞期が起きた時に見直す点として主に3つあります。

  1. 余分な糖質を摂取していないか?
  2. 糖質の量を摂りすぎていないか
  3. 継続出来ているか

上記の3つが大切です。
もちろん、該当しない方もいらっしゃいますが、ほとんどの場合はこの内容を見直すことで停滞期を脱出することが出来ます。

見直すべきこと1:余分な糖質を摂取していないか

ここで重要なのは「余分」な糖質を摂取していないか、ということです。
糖質制限ダイエットが世の中で注目されていますが、糖質は身体を動かす上で必要不可欠な栄養素の為、制限しすぎることで身体に不調をきたす可能性もあります。

では、余分な糖質とはなんでしょうか。
それは、「果糖」「砂糖(甘いもの)」「アルコール」この2つです。

果糖というのは、名前の通りフルーツを示します。
そして、砂糖に関してはフルーツジュースや野菜ジュースなども含まれます。

え?フルーツってダイエットに良いんじゃないの?と思った方もいらっしゃるでしょう。
しかし、これは大きな間違いです。
フルーツこそ、ダイエットの強敵です。
通常、糖質は身体を動かす栄養素として使われます。
その後、余った糖質が中性脂肪として蓄えられます。
しかし、果糖に関しては摂取した後に身体を動かすエネルギー源として使われず、すぐに中性脂肪として蓄えられます。

この仕組みを知らない方は、ダイエットと言えば朝はフルーツ!などと意気込み、思ったように体重が減らない・・・なんてことになりかねません。

もう一度、ご自身の食生活を見直し、「果糖」「砂糖」「アルコール」を全く摂取していないと言えるか?考えてみて下さい!

見直すべきこと2:糖質の量を摂りすぎていないか

見直すべきこと2:糖質の量を摂りすぎていないか
さて、次に見直すべきなのが糖質の「量」です。
1でお話させて頂いたように、余分な糖質を摂取していないが停滞期がきた、という方に見直して頂きたい項目となります。

分かりやすくお伝えすると、ご飯をおかわりしたり、大盛りで食べていないか?ということです。
もし、それでも落ちないという方は朝・昼・晩のどこか1食を減らしてあげるか、抜くことをおすすめします。
ここで大事なのが、一気に頑張りすぎないことです。
大事なのは「継続」することです。その為、最初からご飯を抜くなどせずに、ご自身が調整しやすいタイミングで、減らしてあげてください。

見直すべきこと3:継続出来ているか

見直すべきこと3:継続出来ているか
最後は1番シンプルで、1番難しいことかもしれません。
体重が落ちている時の食事内容を、継続出来ていますか?
人間、意外と継続するのが苦手な生き物です。

体重が落ちてきたことによる油断などで、無意識のうちにおやつを食べるようになっていることもあります。
また、お酒好きの方はご褒美に晩酌、なんてこともあるでしょう。
シンプルではありますが、今一度これまでの食事に立ち返ってみましょう。

いかがでしたでしょうか。
ただ、世の中で言われているように糖質を制限したら痩せていくという単純なものでもありません。

何故なら、人それぞれの「習慣」があるからです。
それは、生活習慣もそうですし、「思考」の習慣もそうです。

しかし、自信の思考はなかなか分析しづらいものです。
気になる方は、ぜひ一度パーソナルトレーナーに相談することで、生涯素敵なプロポーションを保てる「思考」を身に着けていきましょう!

パーソナルトレーニングを体験しませんか?

パーソナルトレーニングがどんなものか知りたい方や、一度だけでいいからパーソナルトレーニングをしてみたい方にオススメ!

体験トレーニングの詳細
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧