ダイエットにはスクワットが効果的!やり方をわかりやすく解説!

トレーニングのコツ

機材も必要なく、簡単に始められるダイエットとして、スクワットはいかがでしょうか?

スクワットは脚などの部分痩せだけでなく、大きな筋肉を鍛えるので、代謝が向上し、体全体に効くので万能なダイエット方法です。

スクワットはダイエットにとても効果的!
スクワットは太ももなどの大きな筋肉を鍛えることができるので体全体の代謝をアップできるのでとてもオススメです。

一回でたくさんの負荷をかけてやるのではなく毎日少しずつ継続すること方が効果を期待できます。

正しいフォームで行うスクワットは、15回するだけで腹筋500回分の効果が得られると言われています。

これから始めるなら「1分間スクワットダイエット」

これから始めるなら「1分間スクワットダイエット」
ヒップアップ効果や美脚、代謝アップといいことづくめのスクワットダイエットは正しい姿勢で毎日1分間だけでお手軽に始めることができます!

もちろんトレーニング機材なども不要!今から誰でも始められる効果の高いダイエット方法です。

まずはスクワットダイエットの正しい姿勢をマスターしよう

まずはスクワットダイエットの正しい姿勢をマスターしよう
どんなトレーニングも正しい姿勢で行うことが大事です。

ただしフォームでやることで少ない回数でも最大限の効果を発揮します。

スクワットの正しいやり方

  1. 姿見などの鏡の前で行う
  2. 背筋を伸ばして肩幅くらいに足を開いて立つ。つま先は少し外側に開く
  3. お尻を突き出しながらゆっくりと膝を曲げる
  4. 膝を曲げる時はかかとに重心を置き、胸を張る
  5. 姿勢を崩さないように最初の体制に戻る

スクワットダイエットのポイント

  • 息を止めずに行う
  • 全ての動作をやるときに息を止めないように行うことがポイントです。

  • ゆっくりと一回一回集中する
  • しゃがむのに3秒、立ち上がるのに3秒程度時間を使いましょう。
    早くスクワットをすると正しい姿勢が崩れることがあるので綺麗なフォームで1回を美しいフォームで行いましょう。

  • スクワットダイエットを行うタイミングは食後以外!
  • 胃に食べ物が入っているときにスクワットを行うとお腹が膨らんだ状態でやるので姿勢が悪くなることが多いです。
    なるべく食後以外にスクワットダイエットを行いましょう。

  • 膝とつま先の方向を合わせる
  • 膝とつま先を同じ方向にすることによって左右の筋肉を均等に使うのでバランスよく負荷をかけられます。

  • 一番下までしゃがまない
  • 一番下までしゃがむと効率の良いトレーニングとはなりません。
    普段座る椅子より5センチほど下まで落とすと負荷がかかりやすく効果的です。

スクワットダイエットの頻度

スクワットダイエットの頻度
筋肉痛にならない人は毎日、筋肉痛になる人は2~3日に1回するのが効果的です。

筋肉痛は筋肉がスクワットで傷ついている証拠です。

筋肉には超回復という現象があります。スクワットで傷ついた筋肉が回復するのに24~48時間かかります。

ですので筋肉痛になる方は超回復を待ってからスクワットを行った方が良いので、2~3日に一回の頻度でスクワットダイエットを行いましょう。

逆に筋肉痛にならない人はさらに負荷の高いスクワットなどのトレーニングを行うか、継続して毎日続けると良いでしょう。

スクワットダイエットは1度にはどれくらいの回数?

スクワットダイエットは1度にはどれくらいの回数?
おおよそ30~50回が限度です。

これから始める方は30回を目処にスクワットをすれば良いでしょう。

闇雲に回数をこなすのではなく一回一回を集中してやることで効果が高まるので回数よりも質(姿勢や効いている感覚)を上げることを意識しましょう。

もうひと手間でさらに効果アップ!スクワットダイエットの前後にストレッチをしよう

もうひと手間でさらに効果アップ!スクワットダイエットの前にストレッチをしよう
スクワットに限らず筋トレには体の柔軟性が重要です。

ストレッチをして柔軟性をアップさせてケガの予防と効果アップを目指しましょう。

また、スクワットをするときに太ももの筋肉には体重の何倍もの負荷がかかります。

怪我の予防にもなるのでストレッチを行うと良いでしょう。

スクワットの前に!股関節の柔軟ストレッチ

スクワットの前に!股関節の柔軟ストレッチ
股関節は体の中央に位置する大切な関節の一つです。

トレーニングに限らず、体を動かす時は常に股関節を踏ん張る状態になります。

ストレッチで柔らかく柔軟な股関節にすることが大切です。

さらに、股関節が十分にほぐれているとヒップアップ効果がより期待できます。

お尻周辺の筋肉を心地よく伸ばして効果アップしましょう

スクワットの後にもストレッチ!

スクワットの後にもストレッチ!
スクワットの後にもストレッチを行うとより効果的です。

スクワットによって傷ついた筋肉に酸素を巡らせて筋肉痛の予防になります。

また、血液循環が良くなるので、むくみの改善や、さらなる脚やせ効果が期待できます。

スクワットダイエットのまとめ

スクワットダイエットのやり方
スクワットダイエットは正しい姿勢でゆっくりと時間をかけてやることが大切です。

闇雲に回数をこなすのではなくスクワットの負荷、質を上げましょう。

また、スクワットを始める前、後にストレッチをすることで効率よくダイエット効果を増やすことができます。

お家で機材もいらないお手軽なダイエットです。しかし効果は絶大!

ぜひお手軽に始められるスクワットダイエットをお試しください。

ひさしぶりに
体重測ってみませんか?

身長・体重はもちろん体脂肪率やBMI、骨格筋量まで測定できます。
ご入会を検討しているお客様も、話を聞いてみたい方もまずは無料カウンセリングををオススメしております。

無料カウンセリングはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧